にきび跡

にきび跡の治療に効く!口コミと成分で比較

にきび跡の治療は適切な成分選びから

にきび跡といっても、いくつかの種類があり、効果のある成分というのが違ってきます。
間違ったケアをしない為に、そして効果のある自宅ケアをする為にも、まずは自分の
にきび跡がどんなものなのかを鏡を見てチェックしましょう。

 

にきび跡のチェックが終わったら、次は自分のにきび跡にあった成分選びとなります。
ここで自分に合った成分を選ぶのが、自宅ケアでにきび跡を治すのに重要なポイントと
なるのですが、にきび跡ケアの口コミサイトを参考にしてみましょう。
ニキビ跡ケアの口コミサイトにでている口コミというのは、貴方よりも先にその化粧品や
ケアアイテムを使った利用者の感想や意見です。
だから貴方のにきび跡や肌質と同じ利用者の口コミを参考にすれば、疑似的にでも
「こんな風に効くんだな」というのがイメージ出来るので、貴方に合ったものを選びやすくなります。

 

ここでにきび跡に効く成分というのを、いくつかご紹介すると、まず赤みのあるにきび跡の場合
なら、跡とはいってもまたニキビからの炎症が続いている状態なので、炎症を抑える効果がある
オウゴンエキスや、甘草という植物から抽出されたグリチルリチン酸ジカリウムという成分などが
あります。

 

次にシミのようになったにきび跡というのは、シミと同じように過剰に出来たメラニンが
体内に溜まってしまっているからなので、メラニンの生成を抑え、肌のターンオーバーを促して
メラニンを体外へ出しやすくするビタミンCや、ハイドロキノンという出来てしまったニキビ跡を
漂白して消していく美白成分が有効的です。

 

そしてクレーターのように凸凹したにきび跡というのは、肌の一番下の真皮層にまでダメージが
進行しています。こうなると真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が減少
するので、今ある凸凹としたにきび跡が悪化してしまう可能性があります。
だから、まずは保湿効果の高いにきび跡ケアアイテムで、減少したお肌の保湿成分を
補いましょう。

 

自分のにきび跡に合った成分を選ぶのは、にきび跡を早く治す為にも重要なので
にきび跡が出来て焦るかもしれませんが、ここはじっくり調べてから選びましょう。

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡は、種類によって治し方も違います。
ニキビ跡赤みの治し方は、ビタミンCが配合されている化粧品を使うことができます。ビタミンCが配合されていると、肌の再生を助けるのでニキビ跡の赤みを改善することができます。でも、ビタミンCは肌に浸透しにくいという難点があります。ニキビ跡赤みを治したいなら、ビタミンCを肌に浸透することができる化粧品を選ぶようにしてください。
ニキビ跡色素沈着の治し方は、美白化粧品を使うということです。ニキビ跡色素沈着はメラニンが原因なので、メラニンに効果的な化粧品を使うことでニキビ跡を改善することができます。ハイドロキノンは美白に大きな効果があります。でも、肌の弱い人や敏感な人はかぶれたりすることがあるので、必ずパッチテストをしてから使うようにしてください。ハイドロキノンの割合が低いものから使うこともできます。
ニキビ跡凸凹の治し方は、肌の古い角質を取り除き、肌の再生を助けるということです。ピーリングをしたり、ビタミンCを取り入れることで肌が再生するのを助けることができます。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ